ABOUT
HOME » JIDA概要 » 理事長挨拶

理事長挨拶

理事長 太刀川 英輔

 

本年よりJIDAの理事長を拝命した太刀川英輔です。

 

1952年に柳宗理・剣持勇・渡辺力ら25人のデザイナーによって創立された、日本で最も長い歴史をもつデザインの業界団体。現在世界40カ国が参加するWDO(The world design organization。旧ICSID)の創立団体の一つ。それが私たちJIDAです。だからこそ、あえてお伝えしたいのです。
私たちはその設立当初より、狭い業界の権威ではなく、社会の変化を触発する、実験的なデザインの運動体です。

 

JIDAはこの春、70年の歴史を経て「日本インダストリアルデザイナー協会」から「日本インダストリアルデザイン協会」に改称いたしました。
また同時に入会資格を「プロフェッショナルのデザイナー」から「産業デザインに関わるプロフェッショナル」へと変更し、エンジニア、研究者、キュレーター、素材メーカーなど、デザインを培う多分野のプロフェッショナルへと門戸を開きました。もはやデザイナーだけがデザインをする時代ではありません。産業のリデザインは、デザイナーという専門性を超えた共創によって初めて達成できるものです。

 

この転換の起点において、僭越ながら私のような若輩が理事長に立っていることも、変わりゆくデザインを示すJIDAから社会への一つのメッセージだと感じています。

 

少し私の理事長就任の経緯をお話しさせて下さい。 私は就任直前まで、まさか理事長になるとは想像していませんでした。任期を満了するGKデザイン機構代表の田中一雄前理事長とともにトヨタのデザインを牽引した御園秀一副理事長が新理事長にふさわしいと私自身が考えていたからです。
しかしお二人や会員の皆様は常々「JIDAを若返らせたいんだ。」と私に話していました。そして理事の任期終了直前、お二人より「太刀川くん、やってくれないか。」とのご提案をいただきました。そして新理事会の満場一致での賛成があり、JIDAの長い歴史の中で最も若い理事長として、私がここに立っています。

 

このご挨拶に就任経緯を残しておきたかったのは、私たちJIDAのみならず、現代の日本の産業には、未来にバトンを託す大人こそが必要だと思うからです。
間違うかもしれないし、慣習を飛び越えることもあるかもしれません。しかし未来は誰にもわからないし、変化はそもそも間違いに満ちています。デザインを生物の進化のように捉えている私は、惰性による大鉈ではなく、行き当たりばったりの細動こそ、未来への進化を生み出す力なのだと信じています。

 

インダストリアルデザインは、長きにわたって産業のためのデザインを指しました。しかし肝心の産業が劇的に変化している不安定な現代です。これからのインダストリアルデザインは、惑星や生態系の限界、デジタル化の劇的な変化を乗り越えて、産業をデザインし直すことを孕むでしょう。そして既に始まっている大転換の中核には、領域を超えた共有の哲学としてのデザインが宿っています。

 

私が先輩から受け取ったバトンのように、私たちが次の世代に文明のバトンを渡すためにも、JIDAは産業への美しい変化を生み出すデザイン運動を触発して参ります。
現在の会員の皆様はもとより、これから産業をリデザインしたい皆様にもぜひJIDAの仲間に加わっていただき、この組織を一つのハブとして新しいデザインを生み出していきましょう。

 

Designing beyond design.
デザインその先のデザインへ。

 

皆様、新しく生まれ変わったJIDAをどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2021年6月12日
公益社団法人 日本インダストリアルデザイン協会
理事長 太刀川 英輔

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

太刀川 英輔 (たちかわ えいすけ)

NOSIGNER代表 / 進化思考家 / デザインストラテジスト / 慶應義塾大学特別招聘准教授 / 2025大阪関西万博日本館基本構想クリエイター
デザインで美しい未来をつくること(実践:社会設計)、自然から学ぶ創造性教育で変革者を育てること(理念:進化思考)を軸に活動を続ける。
プロダクト、グラフィック、建築などのデザイン領域を越え、次世代エネルギー、地域活性、SDGsなどの産業変化を促す数々のインダストリアルデザインで総合的な戦略を描き、成功に導く。
創造性を生物の進化から学ぶ「進化思考」を提唱し、様々なセクターの中に変革者を育てる創造性の研究者および教育者でもある。
これまでグッドデザイン賞金賞、アジアデザイン賞大賞他、100以上の国際賞を受賞。
審査員としてグッドデザイン賞(日本)、DFA(香港)、DIA(中国)、Golden Pin(台湾)、VMARK(ベトナム)、WAF(世界)、等の審査を歴任。
主なプロジェクトに、OLIVE、東京防災、PANDAID、山本山、横浜DeNAベイスターズ、YOXO、2025大阪・関西万博日本館基本構想など。
著書に『デザインと革新』(2016)『進化思考』(2021)がある。

更新日:2021.07.19 (月) 16:05 - (JST)]