About

 

JIDA ロゴタイプ

 

2020年、佐藤卓氏により、JIDAのロゴはリニューアルデザインされました。

1953年亀倉雄策氏によるデザインの『d』マークを現代的な形状に整え、それに合わせJIDAのロゴを新規にデザイン。

以下が、ロゴデザインの基本的な考え方です。

 

1  インダストリアルの力強さ
工業製品における強度や耐久性を感じさせるものであること。

2  協会としてのニュートラルなイメージ
あらゆる工業製品に関わる会員を有することから、 片寄った印象にならず、中庸であること。

3  マークとの連動性
マークと並んで使用されることが多いため、マークとの親和性を持たせる。

4   普遍性時代に左右されない普遍的なものでなければならない。 

https://www.jida.or.jp/70th-top

 

 


 

 

SatoTaku.jpg

佐藤 卓 
 Taku Sato

グラフィックデザイナー

 

1979年東京藝術大学デザイン科卒業、81年同大学院修了。

株式会社電通を経て、84 年佐藤卓デザイン事務所(現 株式会社TSDO)設立。

2018 年6 月、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)会長就任。

「ニッカウヰスキー ピュアモルト」の商品開発から始まり、

「ロッテ キシリトールガム」「明治おいしい牛乳」のパッケージデザイン、

「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」のグラフィックデザイン、

「金沢21 世紀美術館」「国立科学博物館」のシンボルマークなどを手掛けるほか、

商品や施設のブランディング、企業のCI を中心に活動。

また、NHK E テレ「にほんごであそぼ」アートディレクター、「デザインあ」総合指導、

21_21 DESIGN SIGHT 館長を務め、展覧会も多数企画・開催。

著書に、『塑する思考』(新潮社)など。

 


 

 

 


公開日:2022-11-28 11:18:02