HOME » JIDA震災被災地支援プロジェクト » デザイナーの支援活動リンク集

デザイナーの支援活動リンク集

このページでは、会員、非会員を問わず、活動を始めている方々のホームページへのリンクをご紹介しています。

 

●Design&trade

http://www.designtrade.jp/
未曾有の大惨事にあたり、微力ながら震災の復興に力を尽くしたいとの想いから、私たち、
*JIDA ( 社団法人日本インダストリアルデザイナー協会 ) 有志は、人として、デザイナーと
して復興協力へのボランティア運動を行うこと と致しました。
生活立て直しのための、モノ・コトにまつわる支援を行います。
管理責任者 会員:佐野 正
・facebookページ https://www.facebook.com/designtradejp 

 

●OLIVE 

http://www.olive-for.us/

震災被災地での生活を助けるデザイン屋アイデアを集めるデータベースwiki。アイデアのある方は自由に書き込むことが出来ます。

管理責任者 会員:NOSIGNER

 

 

 

●TEAM DSC 東北地方太平洋沖地震 被災地支援のためのデザイン

http://dsc.s1.bindsite.jp/

  DESIGN for SAFETY & CRYSISをコンセプトに、東北地方太平洋沖地震を受けて名古屋市立大学大学院 芸術工学研究科 國本研究室が災害用プロダクトデザインチームを発足。被災地の状況を踏まえ、必要なプロダクトをデザインし、被災地の方へ順次届けていく予定です。

管理責任者 会員:國本 桂史

 

●カーデザイナーに出来ること what should CAR DESIGNERS do?

 http://www.mobilabo.net/cdd/ 

 東北・関東地方の大災害に対し、カーデザイナーとしてできることはないか考え、オリジナルミニ四駆をつくり、子供達を喜ばせ、支援に役立てるために、カーデザイナー・モデラー・エンジニア、クルマやバイクに関するライター・エディターの方々に呼びかける活動のご紹介。

管理責任者 非会員:根津 孝太

 

 

●『絆プロジェクト』

http://www.kizuna-japan.com
(社)日本グラフィックデザイナー協会に所属する全国のグラフィックデザイナー有志を中心に、グラフィックによるメッセージ作品を紡ぎ、被災地へ向けて、そして今後の日本の復興に向けてメッセージムービー及びWEBサイトを製作。

管理責任者 非会員:甲斐 敏裕

●DOCAN

http://docan.co.cc/

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科の学生を中心としたプロジェクト。

3 月11 日に起きた東日本大震災を受け、Design For Social Innovation
というチームとして 国内外の大学や機関と連携しながら復興をキーワードに
「デザインが震災後の日本の復興に対してできること」
を世界と共に考え、発信していくプロジェクトです。

 

 


 

このページに掲載するデザイナーによる支援活動については、随時募集しております。

こちらからお問い合わせ下さい。

更新日:2012.05.11 (金) 00:36 - (JST)]