HOME » Information » スタンダード(委)【第81回勉強会「プラスチックめっき」のご案内】

スタンダード(委)【第81回勉強会「プラスチックめっき」のご案内】

                          スタンダード委員会 セミナー部会

                              担当:大竹美知子
 

◆スタンダード委員会 セミナー部会【第81回勉強会】のお知らせ◆

 
新たな年度となりました。昨年度は、勉強会へのご参加をありがとうございました。今年度も勉強会をよろしくお願いいたします。
 
連休明け、5月17日(水)のスタンダード勉強会は、進化している「プラスチックめっき」です。
3Dプリンタ造形品へのめっき、部分めっきなど、最新金属被覆技術を紹介します!
 
【テーマ】「めっき」加飾によるデザイントレンド
【講師】塚田理研工業株式会社 下島 聡 様
          製造部長 橋爪 眞志 様
 
【概要】<プラスチックめっきの加飾技術と今後の可能性>
一般的に「プラスチックめっき」というと、ピカピカのクロム色や金メッキをイメージしますが、黒色の強いクロムや淡いサテン感を出すなど、加飾性が広がっています。ヨーロッパ車を中心に、木目調やピアノブラック色部品と組み合わせた「プラスチックめっき」で高級感あるデザインを実現しています。
 
「プラスチックめっき」とは、樹脂表面に1/1000mmの金属膜を化学的に作ることです。適切に処理された「めっき」は剥がれないので、金属部品の代替として、軽量化が求められる自動車、航空宇宙関連や医療分野に幅広く採用されています。また、「3Dプリンター」による造形品への高密着な「めっき」加飾も当社の独自技術で可能となり、様々なデザイン試作に利用されています。必要個所にのみめっきを施す「部分めっき」も注目を集め、当社独自のTPマスキング工法は、高級車種に多数採用されています。
 
今回は、「プラスチックめっき」の基本的な技術、製造工程の紹介や、自動車インテリアを中心とした「めっき」加飾によるデザイントレンドの紹介のほか、新規開発した新色紹介、マスキング工法による「プラスチックめっき」製品の用途など、実際の量産製品を手に取っていただきながら紹介します。また、めっき不具合の発生しにくい製品形状など、量産時での品質、効率を高めるためのデザイン的な工夫についても紹介します。
 
【講師よりひとこと】
勉強会では、さまざまなサンプル品を手に取り、最新の「プラスチックめっき」を体感してください。また、当日参加者には、3Dプリンタ出力品にメッキをしたサンプルを提供する予定です。
 
※大勢のご参加をお待ちしています。JIDAホームページ、JIDAフェイスブックにも掲載を予定しています。
 
【プログラム】
・会社概要
・プラスチックめっきの仕組み
・プラスチックめっきの加飾性
・最近の採用実績と自動車のデザイントレンド
・独自のTPマスク工法による部分メッキ技術の紹介
・プラスチックめっき部品での設計上の工夫
・各種新分野への加飾性、機能性めっき用途の展開
・質疑応答
 
----------------------------------------------------------------
【勉強会概要】
■日 時:2017年5月17日(水)
     受付18時~ 勉強会18時30分~20時30分
■場 所: JIDAデザインミュージアム in AXIS(六本木JIDAギャラリー)
■定 員:20名
■参加費:正会員・賛助会員・準会員=1,000円、一般=2,000円、
          一般学生=500円、学生会員=無料
 
■申込方法:参加を希望される方は5月12日(金)までに、下記<第81回勉強会申し込み>以下の部分をコピーして、各項目にご記入いただき、スタンダード委員会セミナー部会と、JIDA事務局の両方へ、メールにてお申し込みください。
※必ず以下2カ所へお申し込みメールを送信ください。
 
スタンダード委員会セミナー部会宛→std-seminar@jida.or.jp
JIDA事務局宛→jidasec@jida.or.jp
 
--------------------<第81回勉強会申し込み>-------------------
■お名前:
■ご所属(会社名等):
■連絡先電話番号:
■JIDA正会員/賛助会員/準会員/学生会員/一般/一般学生
 (1つお選びください)
―――――――――――――――――――――――――――

更新日:2017.04.26 (水) 08:20 - (JST)]

JIDA新着情報

新着情報