HOME » Information » 2018年【理事長より新年の挨拶】

2018年【理事長より新年の挨拶】

                       (公社)日本インダストリアルデザイナー協会

                             理事長 田中 一雄
 

◆デザイン発展の年に!◆

 
皆さま、2018年あけましておめでとうございます。
年頭にあたり、一言ご挨拶申し上げます。
 
昨年は酉年、皆様は成果を「取る年」となりましたでしょうか。今も日本を巡る社会経済状況は、大きく揺れ動いていますが、景気は明らかに上向いていると言われます。有効求人倍率も1974年以来の高水準となり、経済の活性化が期待されます。これは、かつてのバブルとは異なり、一度過ちを知った日本社会は、戌年に相応しく慎重にかつ着実に歩んでいくものと思われます。デザインは、経済と密接につながっています。なかでも、インダストリアルデザインは、産業の発展と不可分です。こうした、経済の明るい兆しを受けて、デザイン界も活性化していくものと確信致します。また、オリンピックを再来年に控え、様々なデザインの動きも活発化していくでしょう。デザイン盗用疑惑によって、品格を落としたデザイン界ではありますが、メダルやトーチなどのデザインコンペも進んでいます。1964年に、世界を驚かせた日本のデザイン力を、2020において更に大きく花を咲かせたいと願っています。
 
公益社団法人JIDAとしては、これまでも取り組んできた「Value Up JIDA活動」のみならず、JIDAの基礎体力とブランド力を高めるため、財務体質の再検討と事務局機能の強化に取り組んでまいります。また、昨年より活性化してきた国際関係の強化、とりわけ中国を中心としたアジア圏との連携強化を更に進めてまいります。また、従来は協会活動の中心となってきた正会員活動とともに、賛助会員の皆様にもJIDAの価値をこれまで以上にご活用頂くことをめざし、昨年インハウス委員会をセンター委員会の中に設置致しました。日本経済を支えるものは、なんと言っても産業の力に他なりません。JIDAのネットワークと知見を是非とも活かして頂きたいと存じます。
 
2018年、更なる経済の活性化が期待されます。会員の皆様が培ってこられた「デザインの力」は、オリンピックに向けて一層大きく伸ばされることと存じます。本年を「デザイン発展の年」とするべく、理事会と事務局が協力し、皆様方の力となるべく邁進して参ります。今後とも、会員各位の更なるご理解と、ご支援ご協力をお願い申し上げる次第です。
本年が、会員各位の皆さまにとって、幸多き年となることをお祈り申し上げます。
本年も、何卒宜しくお願い申し上げます。
 
                                     2018年1月吉日
・JIDA2018年年賀状 
http://www.jida.or.jp/pdf/JIDAnenga2018

更新日:2018.01.09 (火) 11:56 - (JST)]

JIDA新着情報

新着情報