HOME » Information » 東日本B・インハウス(委)【「ロンドンのデザインコンサルが語る、クリエイティブでいるための5つの要素」のご案内】

東日本B・インハウス(委)【「ロンドンのデザインコンサルが語る、クリエイティブでいるための5つの要素」のご案内】

 

                東日本B インハウス委員会 委員長 佐藤 敏明    
          
             JIDAイノベーションセミナー   
◆「ロンドンのデザインコンサルが語る、クリエイティブでいるための5つの要素」のご案内◆   
Stay Creative. Stay Relevant.  Presented by Seymourpowell.ltd
 
市場が複雑化、高度化する中で、デザイナーを始めとするクリエイティブ人材の捉われ方が変わりつつあります。
IBMは、デザイン思考のトレーニングを受けた非デザイナーをデザインシンカーと呼んでいるそうです。日本でもマーケティングやビジネスを軸足とした「デザインシンカー」が増える中、今後デザイナーやクリエイティブ人材とはどうあるべきなのでしょうか。
英国ロンドンにあるシーモアパウエルは、過去に多くのデザイン賞や「最も満足度の高いデザインコンサル賞」などを受賞し、2016年にはD&ADアワードにて「最も多く受賞したデザインコンサル賞」を受賞した実績あるデザインコンサルティング会社です。過去30年間、高いクリエイティビティを維持すべく日々奮闘しながら、グローバル企業の新商品開発やブランド戦略に携わってきました。
本セミナーでは、私たちが高いクリエイティビティを保つために不可欠だと考える5つの要素(キードライバー)※を、自社事例に限らない様々な事例を挙げたり、ロンドンのクリエイティブ人材の生の声を取り上げながら皆さんと共有する事で、「今後のクリエイティブ人材のありかた」に対するヒントを共有できたら光栄です。
また、セミナー後の懇談会にて、ご紹介するキードライバーを日本の文脈で実践したり再解釈するためにはどうしたら良いのかなどについて、ご来場頂く皆さんとのカジュアルな意見交換が出来るのを楽しみにしております。皆様お誘いの上、お気軽にご参加ください。
詳細は下記URLからもご参照頂けます。
http://www.jida.or.jp/pdf/inhouse20170410
 
<イアン・ワトリー>
シーモアパウエル、デザインディレクター。過去16年間、常に試行錯誤を繰り返しながらプロダクト、UI、トランスポートなど多種多様なデザインプロジェクトを牽引。現在はプロダクトエクスペリエンスチームのリーダーとして、アナログとデジタルを融合させた新しいコンシューマーエクスペリエンスを多く提案している。
 
<池田武央>
シーモアパウエル、シニアデザイナー兼デザインストラテジスト。
アアルト大学で戦略デザイン修士取得後、現職。過去10年間、主にグローバル企業の新商品開発、デザイン戦略、働き方改革のプロジェクトに従事。また、個人の活動として江戸切子や高級和食器の欧州市場開拓を現地からサポートしている。
 
◆日時:2017年5月10日(水)17:45(開場)18:00~21:00 
◆場所:AXISギャラリー(東京都港区六本木5-17-1)
◆参加費(交流会費含む):JIDA会員 \2,500円 一般\3,000円 
            学生\1,000円
◆申込・問合せ先: 
 JIDA事務局 TEL:03-3587-6391  mail:jidasec@jida.or.jp 
 
参加希望の方は下記にご記入の上、お申込みください。
 
*************************  返信票 ****************************   
JIDA事務局宛 E-mail:jidasec@jida.or.jp  
 
●5/10(水)「ロンドンのデザインコンサルが語る、クリエイティブ
 でいるための5つの要素」に参加します 
 
氏名  
種別 JIDA会員・一般・学生会員・一般学生  
勤務先・学校名  
Tel  
E-mail  
***************************************************************  

更新日:2017.04.13 (木) 12:03 - (JST)]

JIDA新着情報

新着情報