HOME » JIDA概要 » JIDAマークについて

 

職能委員会委員 内野雅子

 


事務局に保管されている、当時のJIDAマークの版下と作図法(2015年12月撮影)

 

 

日本インダストリアルデザイナー協会(Japan Industrial Designers’ Association:JIDA)は1952年(昭和27年)に創設されました。当時、協会としてのマークはなく、翌年、すでにグラフィックデザイナーとして名を馳せていた亀倉雄策氏が推薦を受け会員となり、マークが無いなら、ということでデザインしたと伝えられています。そのマークについて興味深い経緯が亀倉氏の作品集の解説欄に載せられています。

--------------------------------------------------------------------------------

作品No.173 日本インダストリアルデザイナー協会 シンボルマーク1953

協会は、このマークを作る1年位前に設立されたのでないだろうか。私は勝見 勝さんなど2,3人の推薦で会員にさせられた。会員になったところでマークを作らせられた。デザイナーのdを形象化した。私はこのマークはなつかしいし、又単純でしかもどっしりと落着いていて好きだ。マークを作った翌年、私はやっぱりグラッフィックが本業だからという理由で協会をやめた。なんのことはないマークを作る為に入会しただけということになった。しかし面白いのは後年、建築家のワルター・グロピウスが日本に来てこのマークをみて、「なにか農具を型どっているのが大変日本的である」といったのは有名な話である。

「亀倉雄策のデザイン」(初版1983年10月8日/発行所:株式会社六曜社)224頁

--------------------------------------------------------------------------------

JIDA「d」マークのコンセプトとデザイン草創期のエピソードがこのように語られています。ところで、昨年は、JIDAマークが、イタリアの化粧品会社davines社のロゴタイプ「d」と酷似しているということが、複数の会員から事務局宛てに寄せられ、また、2020年東京オリンピックエンブレムデザイン案の類似騒動との関連で、1964年のオリンピックマークやポスターをデザインした亀倉雄策氏のお名前も紙面、誌上を賑わした一年でありました。そうした背景から、あらためて歴史あるJIDAの「d」マークについて会員の皆さまへの関心喚起を図った次第です。ところで、公益社団法人、日本インダストリアルデザイナー協会の英文呼称は「Japan Industrial Designers’ Association」です。デザインではなく、デザイナー(Designers’)のための協会ということで、まさに設立メンバーの理念が表出された協会名となっています。これからも会員の皆さまにはインダストリアルデザイナーという職能の現在、未来に関心を持っていただきたいと念じております。

 

 

JIDA職能委員会担当理事 上田幸和
職能委員会 委員長 堀越敏晴
調査・文:職能委員会委員 内野雅子(弁理士)

JIDA概要

JIDAとは